映画展概要

2022 テーマ

ルール①
パン、ティルト、ズームなどを行わない固定撮影であること。

ルール②
最初から最後まで、カットを割ることなく撮影されたひと続きの映像であること。

開催期間

開催期間

2022年4月2日(土)〜4月17日(日)

展示上映

会 場:gallery N
期 間:4月2日(月)〜4月17日(日)     
    OPEN 13:00 – 20:00
    CLOSE 水・木
住 所:〒464-0816 愛知県名古屋市千種区鏡池通3-5-1
入場料:無料

特別上映

会 場:シネマスコーレ
日時:4月16日(土) 19:00 – 21:30
住 所:〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F
入場料:1000円

[シネマスコーレ]
1983年2月に若松孝二監督が立ち上げ、アジア映画、日本映画、インディーズ作品などを中心としたプログラムを上映する老舗の映画館。

応募要項

作品フォーマット

【基本ルール】
フィックス(固定カメラ)で撮影された1カットの実写映像作品

【応募資格】
プロ・アマ問いません

【出品料】
無料

【作品の長さ】
1分以上、15分以内 ※スタートからエンドクレジット等までを含む総尺

【映像フォーマット】
フォーマット:mov もしくは mp4の動画ファイル
解像度:480p以上(1920×1080を推奨)
フレームレート:29.97fps

【音声】
ステレオ、サイレント作品(無音)も可

【その他】
・日本語以外の言語で制作された作品は日本語字幕が必須
・CG、アニメーション作品は不可
・⼀⼈の応募者からの複数作品の応募も受け付けます

応募方法

応募方法

映画展の応募フォームへアクセスし、必要な項目を入力してください。
作品を動画共有サイト(YouTube、Vimeo等)にWeb上で視聴できる状態となるようアップロードした上で、作品を視聴できるURLを応募フォーム内「作品視聴URL」の欄にご記入ください。
ご応募いただいた映像は⼀切外部に漏らさないものとし、目的外使用はいたしません。動画共有サイトを利用時、パスワードを設定された方は、そのパスワードも応募フォームにご記入ください。 2022年3月末日まではURLの変更や動画の削除をされないようお願いいたします。
万が⼀変更・削除される場合は、速やかにギャラリーN映画運営委員会(info@gallerynfilm.com)までご連絡をお願い致します。
なお、応募者と動画共有サイト間にトラブルがございましても、当映画展では責任を負いかねます。

応募期間

2021年9月20日(月)〜2022年1月30日(日)

審査方法

選考

ギャラリーN映画展運営委員会により上映展示作品を決定。
(15作品程度を予定)
展示上映作品に選ばれた場合、制作者には上記「応募要項」欄の作品フォーマットに準じた動画ファイルを提供いただきます。 上映が決定した作品については、応募者にemailにてご連絡します。
(上映される⽅にのみのご連絡となります。) 展示上映作品の公表は、2022年3月中旬を目途に、映画祭HPなどで⾏う予定です。

選考

展示上映された作品の中から、最終審査委員により、グランプリ・準グランプリを決定。また、映画展会期中の来場者の投票により観客賞も決めます。表彰は、特別上映(4月16日/シネマスコーレ)にて⾏います。

グランプリ:副賞10万円
準グランプリ:副賞
観客賞:副賞

最終審査員
⼆宮拓也(審査委員⻑ /gallery N ギャラリスト)
深⽥晃司(映画監督)

ほか2,3名ほどを予定。詳細は随時HP上で発表します。


[深⽥晃司]
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞
『淵に立つ』

その他

既に営利的な上映、放映、販売、配信などがされている作品は応募できません。

応募に際して、作品、出演者、サウンドなど、関係する著作権、肖像権について、応募者の責任において処理して下さい。権利関係の責任⼀切は応募者が負うものとします。

作品中の⾔語が日本語以外の場合は、日本語の字幕を入れて下さい。

出品料は無料ですが、応募に関する送料等(展示上映データのやり取りも含む)は応募者が負担してください。

上映作品に関しましては、映画祭の広報活動のため、TV・ 新聞・雑誌・インターネット等の告知媒体に、作品およびスチール写真等その⼀部を無償で自由に使用できるものとします。

応募作品の著作権は応募者に帰属します。

上映が決まった作品に関しては、作品紹介用画像の提供もお願いする予定です。

Scroll Up